私が実際に行い、結果的にダイエットに成功した方法が、1日1食ダイエットです。この方法によって、72キロあった体重を63キロまで落とすことができました。
 1日1食は、以前テレビや書籍で話題になった南雲善則先生が実践されているものです。南雲先生自身が40代手前の時期にメタボ体型をされていて、排便時に不整脈が出るようになったことから、様々な健康法を試すようになったそうです。そして辿り着いたのが、1日1食でした。
 この方法は文字通り、1日1回しか食事を摂らないものです。食事の数を減らすことで、身体に入れるカロリーを抑える、結果として痩せてくるのです。当然ですが、空腹状態でいる時間が増えます。お腹がグーッとなって、何か食べたくなります。しかし、この状態でいることがいいんです。
 その理由は、空腹状態でいると、身体は内臓脂肪を燃やしてエネルギーにするからです。脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪があります。メタボ体型の人は特に後者が多く、なかなか減らすことができません。それは、内臓脂肪が燃える前に次の食事を摂ってしまっているからです。空腹状態になることで、ようやく燃えてダイエットにつながるのです。
 このような根拠をもとに、私はこのダイエット法を始めました。南雲先生の本では、夕食だけ食べるのを勧めていたので、私もそれに倣いました。つまり、朝と昼は抜くということです。少量のジュースやクッキーなどの間食はしてもいいと書いていましたが、正直ちゃんとできるか、効果はあるのか、半信半疑でした。
 結果としては上記の通り、1年間続けて9キロのダイエットに成功しました。最初は空腹状態が苦痛で、仕事をしながらも頭では、焼き肉食べたい、と何度も考えました。自分に負けて食べてしまう時もありました。しかし根気よく続けたことで、嬉しい成果が生まれました。
 他のダイエット法にも言えることですが、継続してやることが何よりも必要なことだと思います。人間だからちょっとした挫折は付き物です。そこからさらに続けることができるか、それが重要なんです。
 身体からしても、短期間で急激に体重が落ちるのは負担であり、慣れていないものです。そのため、身体が元の自分に戻そうとする恒常性に基づいて、リバウンドが起きるのです。
 私はリバウンドもなく、63キロの体重を維持しています。それは、身体が今の体重に慣れたから保てているものだと思います。
 私が実践した1日1食ダイエットは、健康面でも継続していく価値のある素晴らしいものでした。しかし、1番の痩せる要因になったのは、諦めずに続けたことだと、今は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です