最新

痩せるお茶ダイエットの王様ダイエットプーアル茶の効果的な飲み方とアレンジ方法

ダイエットプーアル茶は美味しくて続けられ、ダイエットだけではなく美容成分にも注目されているお茶です。
せっかくなのでより効果が出る、そして一番美味しく淹れる方法が知りたいですよね。
ダイエットプーアル茶は基本的には、今までのプーアール茶のような独特の匂いがなく飲みやすいお茶で、飲み口もスッキリしていて毎日飲んでも飽きないお茶です。
でもたまにはアレンジして飲んでもいいかもしれません!別の美味しさを感じることができますよ。

ダイエットプーアル茶の飲み方

ホットの淹れ方
① ポット用のティバックは1つ5g、それを急須に入れます。
急須はできれば色が見える透明な茶器がお勧めです。

② 沸騰したお湯を600ml~800ml注ぎます。
熟茶の醗酵の進んだ成分を抽出するために、お湯の温度は高温にした方がいいです。
急ぐかたは急須を軽く振ると、早く出ますが、できればじっくりと色がつくのを見ていたいですね。これは大型の急須の場合ですが、小型の急須の場合は150ml~300mlのお湯で30秒から2分程度でいいと思います。
2煎3煎くらいまでは、出すことができますが、やはり1煎めに成分のほとんどが出てしまいます。

③ 好みの濃さになったらカップに注いで下さい。
この時カップも温めていたほうがいいですね。
好みの濃さは最初からわかる訳ではありません、何度か淹れていくうちに自分の好みのがわかるようになります。

● アイスの淹れ方

① できれば透明の耐熱ポットに5gのティバッグを2個入れます。
熱湯を200ml注ぎます。

② 15分ほどで色の濃さがいい感じになりますので、ティーバッグをとりだします。

③ 氷と水を入れて1200mlくらいを目安に濃さを薄めます。

アイスでもホットでも美味しく飲めるのがダイエットプーアル茶の特徴。
販売元のティライフさんが推奨している飲み方を紹介します。

・毎日600ml~800mlを目安に飲む。
・運動の前後に飲む
・食事の時に飲む
・ティバッグをこまめに買える
・自分のお好みの濃さで飲む。

飲む量は自分に合った量、体調にあわせて飲んだ方がいいと思います。
私の場合は食事の時に飲むようにし、夜寝る前はカフェインが気になったので飲まないようにしました。
また空腹の時も、胃の痛みが気になったのでやめました。

ティパッグをこまめに買えるというのは、私もそうですが色がまだ出るうちはもったいなくて買えないですよね。
まあ色が出ていても、お茶のいい成分はじつはほとんどが一煎目で出ているのです。
だから、できるだけこまめに替えたほうがいいのです。
また、ティライフさんは三角ティバッグにもこだわっています。

三角ティバッグは袋の中で茶葉が踊るようにクルクル動きます。
通常の袋タイプのティバッグだとこの動きはしないんですね。成分が出やすく美味しいお茶がいれられるのです。
今はどの紅茶メーカーでもこの三角ティバッグは採用されていますが、ティライフさんはまだこの形が珍しい時から、三角ティバッグを採用していました。

ダイエットプーアル茶のアレンジ

基本的には、そのままでもとっても美味しいダイエットプーアル茶。
飲んだ人の99%は「美味しい」と答えています。
でもたまにはこんなアレンジもいいかもしれません。
ダイエットプーアル茶のアレンジレシピを紹介します。

・ダイエットプーアル茶+ミルクでミルクティ

いつものダイエットプーアル茶に牛乳をお好みの量注ぐだけで完成です。
ポイントは、お茶をいつもより濃い目に出すこと!

私はコーヒー用のミルクを入れて作っています。
ホットでも美味しいし夏はアイスでも美味しいのでお勧めです

・ダイエットプーアル茶+ジャムでロシアンティー

いわゆる日本式のロシアンティ。ダイエットプーアル茶にジャムを溶かして飲みます。
ダイエット的にどうなの?と思うかもしれませんが、疲れた時にたまにはいいのでは?
ジャムの種類は、イチゴ、ママレード、ブルーベリーとお好みでどうぞ。

私のお勧めはラズベリージャムです。酸味がぴったりでした。
食物繊維やビタミンも一緒にとれるのでお勧めです。

・ダイエットプーアル茶+ドライフラワー、ハーブ
食用のドライフラワーを浮かべることで、目にも香りも楽しむちょっと贅沢なティタイムになります。ハーブもプラスでハーブティもいいですね。

このほかにも、シナモン、はちみつ、などを足しても新たな味を楽しめます。
口コミの中ではダイエットプーアル茶とメタボメ茶をブレンドして飲んでいるという人もいましたが、黒豆の香ばしさも加わりダイエットにも効果がありそうですね。

痩せるお茶ダイエットの定番ダイエットプーアール茶まとめ

どうでしたでしょうか?ダイエットプーアル茶の美味しい飲み方は、本当に一般的な淹れ方で飲むのが一番です。大切なのは毎日飲む事。

自分の好みのお茶の濃さをわかっておくといいですね。1日の中でも濃いめがいい時、薄めでスッキリと飲みたい時と、体調や気持ちの変化で感じる味は違ってきます。
アレンジも楽しいですし、是非一度試してほしいですし、痩せるお茶の飲み方も自分なりのアレンジをもっと開発したいですね。

情報提供サイト様 痩せるお茶|ダイエット茶ランキング.biz

私が実際に行い、結果的にダイエットに成功した方法が、1日1食ダイエットです。この方法によって、72キロあった体重を63キロまで落とすことができました。
 1日1食は、以前テレビや書籍で話題になった南雲善則先生が実践されているものです。南雲先生自身が40代手前の時期にメタボ体型をされていて、排便時に不整脈が出るようになったことから、様々な健康法を試すようになったそうです。そして辿り着いたのが、1日1食でした。
 この方法は文字通り、1日1回しか食事を摂らないものです。食事の数を減らすことで、身体に入れるカロリーを抑える、結果として痩せてくるのです。当然ですが、空腹状態でいる時間が増えます。お腹がグーッとなって、何か食べたくなります。しかし、この状態でいることがいいんです。
 その理由は、空腹状態でいると、身体は内臓脂肪を燃やしてエネルギーにするからです。脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪があります。メタボ体型の人は特に後者が多く、なかなか減らすことができません。それは、内臓脂肪が燃える前に次の食事を摂ってしまっているからです。空腹状態になることで、ようやく燃えてダイエットにつながるのです。
 このような根拠をもとに、私はこのダイエット法を始めました。南雲先生の本では、夕食だけ食べるのを勧めていたので、私もそれに倣いました。つまり、朝と昼は抜くということです。少量のジュースやクッキーなどの間食はしてもいいと書いていましたが、正直ちゃんとできるか、効果はあるのか、半信半疑でした。
 結果としては上記の通り、1年間続けて9キロのダイエットに成功しました。最初は空腹状態が苦痛で、仕事をしながらも頭では、焼き肉食べたい、と何度も考えました。自分に負けて食べてしまう時もありました。しかし根気よく続けたことで、嬉しい成果が生まれました。
 他のダイエット法にも言えることですが、継続してやることが何よりも必要なことだと思います。人間だからちょっとした挫折は付き物です。そこからさらに続けることができるか、それが重要なんです。
 身体からしても、短期間で急激に体重が落ちるのは負担であり、慣れていないものです。そのため、身体が元の自分に戻そうとする恒常性に基づいて、リバウンドが起きるのです。
 私はリバウンドもなく、63キロの体重を維持しています。それは、身体が今の体重に慣れたから保てているものだと思います。
 私が実践した1日1食ダイエットは、健康面でも継続していく価値のある素晴らしいものでした。しかし、1番の痩せる要因になったのは、諦めずに続けたことだと、今は思います。

色々なダイエット方法が提案されている中で自分にあったダイエット方法を見つけるのは大変なことです。色々なダイエット方を試して逆に痩せにくい体になってしまったという友人もいるのできちんと何が自分に合っているのか知ることは重要なことだと思います。
そしてひとたび自分に合ったダイエット方法に出会い、それを無理なく続けられるならそれにこしたことはありません。せっかくダイエットしてもそれを続けられずリバウンドしてしまい、さらに体重が増えてしまった例も少なくないからです。
私の場合、健康上の理由から今の体重を維持すること、もしくは痩せなれるならなお良しという状況にありました。しかし、忙しい日々の中でつい間食してしまったり、外食やお酒を飲む頻度が増えてしまったりと段々体重維持も難しくなってしまっていました。それでどうにか体重を増やさないように、しかも健康を崩すことなく無理にダイエットできる方法があればと思案していたところ食べる順番ダイエットに出会いました。
以前から健康について興味があり色々と情報を調べており、それらの情報を総合してみると長期的にダイエットをするなら単品だけを食べる、もしくはかなり制限のあるダイエットは身体的にも精神的にもよくない影響を与える可能性があるとの結論に至り、とにかくバランス良く健康的に痩せられる方法を探していたので、この食べる順番ダイエットは試して見る価値があると思いました。
食べ物に制限があるわけではなく、食べる順番さえ守ればいいというのは長期的にダイエットをしたい私にとっては理想的です。
ただ順番を変えただけで本当に痩せるのかは疑問でした。
食べる順番としては最初にサラダなどの生野菜、次に火が通った葉物類、そして大根やジャガイモ、人参といった根菜類。魚類や肉類の後、ご飯などの炭水化物を取るといった順番です。
始めは最後に白米だけ食べるのには抵抗がありました。何か味がないとご飯だけ食べるのは厳しいからです。ただやっていくうちにおかずを全部食べ切ってしまうのではなく、ほんの少しづつ残してご飯を食べやすくしても結果は変わらないということに気が付き、食べるのが全く苦ではなくなりました。
外食は少々大変でしたが可能な限り野菜類から食べ始め、炭水化物を最後に取るよう心がけました。
その結果ベスト体重を維持することができ、特にお腹周りがスッキリしたのは驚きでした。
はじめに野菜類でお腹を満たしていくので食物繊維を十分に取れることや、炭水化物に行き着くまでにお腹がある程度満たされているのでそれほど炭水化物を食べなくてよくなるというのが良かったようです。
そしてこの順番に慣れてさえしまえば、無理なくずっと続けていけるのが何よりも良い点です。
もちろん順番さえ守ればよいからと食べ過ぎたり飲み過ぎたりするなら良い結果は出しにくいかもしれませんが、長期的にそして健康的にダイエットすることを考えておられる方にはおすすめのダイエット方法です。

ダイエットにはいろいろな方法があります。食事制限を伴うような方法が人気です。それは魅力的に目に映るかもしれません。確かに食べないだけという簡単な方法で痩せられれば問題はありませんよね。しかし、食べないダイエットは体力が低下します。そしてリバウンドをしてしまうのではないでしょうか。せっかく痩せてもリバウンドをしてしまったら意味がありません。やはりダイエットは楽しく行うべきであるとも思います。大変でなければ続けていくことは出来るのです。楽なダイエットだから続けられるのかもしれませんね。筋トレなどを取り入れると更に良い状態になります。トレーニングは楽しいですから長続きするでしょう。重すぎる重量で行うと筋肉痛になってしまいます。ですからコントロールできるレベルの重さで行うことがコツです。しっかりコツを掴んでおけばダイエットは成功へと向かうのではないでしょうか。成功しなくてもノウハウが手に入るだけでも良いですね。経験はお金で買うことは出来ません。
ダイエットの本を読んでも実際に実践しなければ身につかないということです。ダイエットには時間がかかります。ですから焦りは禁物です。焦らずに実行をしていくことが大切です。そうすればスッキリと痩せることが出来ると言えます。運動は楽しい面もありますが大変な面もたくさんあります。大変だと感じたら休むことも大切なのではないでしょうか。しっかり休んでから再び行動をすれば良いのです。それによって出来ることの幅が広がっていきます。色々出来ることは良いことですね。ダイエットはテクニックが大切であるとも言えます。知識があるだけでも成功をする可能性は高くなります。知っていることと実践することは違いますが、それでも本を読んで学んでおけば得られる事はあります。ダイエットが中々成功しないという人は勉強が不足をしている可能性がありますね。何かを学ぶことでダイエットは成功へと向かっていきます。それは時間のかかる方法かもしれません。しかし取り組むだけの価値はあります。何時間もかけてダイエットをするのですから成功をしたいと思うのは誰でも同じなのです。
ダイエットは本来楽しいものです。無理して焦ってしまうからつまらなくなります。ですからそれを解消してあげれば良いのです。ストレスの溜まらない方法のほうが良いということですね。辛ければ沢山の効果があるというのは昔のことかもしれません。今は新しい時代へ向けて行動をしていくことが大切なのです。今の時代のダイエットは進化しています。

簡単に痩せるというキャッチコピーは魅力的ですよね。確かにそれは正しいかもしれません。ダイエットは簡単ではないので、簡単に痩せられれば良いに越したことはないからです。しかし現実は厳しいものがあります。
ダイエットをしていて一番大変だなあと思うことは、思っていたよりも成果が出ないということなのではないでしょうか。実際に取り組んでみて頑張ったと思っていても上手く行かなかったときは落ち込んでしまいます。自分の頑張りに対して期待をしすぎてはいけません。できれば成果が出たら良いなと言うくらいに考えておいたほうがあせらずに済みます。
焦ってしまいすぐに成果を求めるようになりますと、安易な方法を行ってしまうことでしょう。それは危険です。食事制限は短期間で成果は出ますがあとがつらいですね。体重を維持していくことは簡単ではありません。体脂肪を減らすことは簡単ではありません。すぐに痩せられるということは幻想なのです。リバウンドがとにかく怖いですね。痩せている状態で一気に食べると栄養の吸収が捗ってしまいます。体が飢餓状態を経験したことで、エネルギーを貯蓄するような状態になってしまっているからです。それを避けることが大切です。
緩やかに痩せていけばリバウンドをすることはありません。トレーニングも良いですね。例えば加圧トレーニングというものがあります。圧力をかけてからトレーニングをするだけですが大きな成果を得ることが出来ます。珍しい方法ではありますが効果はありますね。ダイエットに飽きたら用いてほしいです。
肉を食べないダイエットとか炭水化物を抜くダイエットもあります。短期間では効果的ですけれども、すぐにリバウンドをします。これらは難しいダイエットの方法だと思います。素人が手を出しても成功をすることは殆どないと言えます。今のダイエットはいろいろあってどれを実行したら良いかが分かりにくいです。ですが確実に成果を出すなら地道に行うべきです。確実な方法こそが実は1番の近道なのですからね。
私自身もダイエットをしてきました。楽しい時もありましたし辛いことも多かったです。ですがダイエットを続けてきました。そしていろいろな知識を得ることが出来ました。ダイエットは人生でもあります。続けていれば何かしらの発見があるので楽しいです。色々な金銀財宝が眠っているのです。自分が考えた方法でうまく行ったらすごく嬉しい気持ちになりますね。

ダイエットというとなかなか痩せないし、頑張って食事制限をしても結果が伴わずすぐに諦めてしまうのがほとんどだと思います。
ですがそもそもダイエットは簡単に痩せれるものではないので、きついなど当たり前でそれを乗り越えてこそ結果が付いてくるものでダイエットとは頑張った人のご褒美です。
ネットなどで簡単に痩せれるダイエット方法などありますが簡単な方法などないと思っています。
そこで私がして結果が出てなおかつリバウンドしない方法を紹介したいと思います。
まず一番は食事で食べ物を制限するのではなく食べる食べ物を変えていけば満足感を得られながら痩せることが可能でお菓子などは控えて朝昼晩の食事をきっちり食べて無駄な間食をやめていけばそれだけで2キロぐらいは痩せます。
そして朝昼晩に基本的に朝昼はなんでも食べて大丈夫ですが食べる前に絶対に野菜を食べることです。
野菜を食べると食事の吸収を抑えることができて食物繊維をとることによって便通がよくなり体調管理ができて無理なダイエットは体を壊す可能性があるのでリバウンドしなくなります。そして一番大事になってくるのは夜ご飯でこの時間にご飯や肉を腹いっぱい食べてはせっかく朝と昼に野菜を食べても効果が半分以下になてしまって台無しになってしまいます。夜ご飯は少しが我慢してご飯をやめてたくさんの野菜と少しのお肉という食べ方が理想的です。
そんな生活を一か月してみてくださいそれだけで4キロから5キロほど痩せているはずです。
そこからそんな生活をしていてもなかなか痩せません。やはりさらに痩せようと思うとここで運動が必要になってきます。
運動は大変だしどうしてもリバウンドしたくないなら運動は欠かせない行動になってきて、ですが運動といっても激しい筋トレをするのではなく、週3回ぐらいのジョギング程度で十分です。
あまり無理に必要以上に頑張りすぎると長く持たない可能性があるので、少しでもストレスなく痩せるには自分に合った程度の運動がベストだと私は考えます。20分以上のジョギングやランニングで有酸素運動に変わりそこから痩せるというシステムに変わっていきます。
3か月目から効果が表れるので頑張って取りあえず3か月を目標にダイエットしていきましょう。
ダイエットに一長一短はありません。仮に万が一あったとしてもそれはリバウンドの可能性がかなりあると思われます。
無理なダイエットは体に負担があるので長くゆっくりと頑張っていきましょう。